骨格診断で、分かる!あなたに似合う服

骨格診断比較

骨格のタイプにより、似合う服のタイプがある事をご存知ですか?
「気に入って購入した服がナゼか似合わない」そんな経験をされた場合、骨格と合ってない可能性があります。
そんな骨格タイプをセルフで簡単に診断できるように、まとめました。

骨格診断は【ストレート】・【ウェーブ】・【ナチュラル】の3つのタイプのどこに当てはまるを知り、自分に合うデザインや素材などを理解しながらよりオシャレを楽しむことが出来ます。

骨格タイプ特徴比較
それぞれの特徴に、より多くのチェックがついたものがあなたの骨格タイプです。
(セルフ診断はあくまで自己判断です。正しく行いたい場合は骨格診断士の方に直接見てもらうことをオススメします。)

ストレートタイプの特徴

骨格ストレート特徴
  • 下半身より上半身に厚みがある
  • 一度筋肉をつけたら落ちにくい
  • 鎖骨があまり目立たない
  • バストと腰の位置が高め
  • 身長に対し、手足が小さく膝は小さくて目立たない
  • 膝下が細くまっすぐになっている

ストレートタイプは シンプル・ベーシックな高級感のあるファッションが似合い、スーツやシャツ、ハリのある素材、長袖等がおすすめのアイテムとなっています。
オススメのアイテムはチェスターコートや、Vネックでパンツスタイルが得意なストレート。
特にセンタープレスの入ったパンツがスタイルをよく魅せます。
シャツやタイトスカートなどもいいです。
ストレートタイプはIラインを意識したコーディネートが得意ですので、スーツが似合う人はストレートタイプの人が多いです。

ウェーブタイプの特徴

骨格ウェーブ特徴
  • 上半身より下半身に厚みがある
  • 一度筋肉をつけてもすぐ落ちる
  • 首が長めで胸板が薄い
  • バストと腰の位置が低め
  • 痩せると華奢になる
  • 膝が丸くでている

ウェーブタイプは女性らしく華やかなレースやフリル、シフォン素材が似合います。レースやビジューがついた服やツイード生地の服、ノーカラージャケット・ポンチョ・オフショルダーやフレアスカートがおすすめのアイテムです。
ウェーブタイプはXラインを意識したコーディネートが得意ですので、甘めのファッションが似合う人はウェーブタイプの人が多いです。

ナチュラルタイプの特徴

骨格ナチュラル特徴
  • 骨格がしっかりしている
  • 指の関節が目立つ
  • 手足が大きめ
  • 太りにくいが華奢なイメージはない
  • ふくよかでも肉感がなくがっちりとした体型
  • 膝が大きくて縦長

ナチュラルタイプはラフでカジュアルな、ゆったりとしたシルエットや天然素材のアイテムが似合う人。
麻や自然素材の服がおすすめのアイテムです。
似合うアイテムはストールのように羽織れるタイプの服やロングカーディガンやマキシワンピース。
ナチュラルタイプはA・Yラインを意識したコーディネートが得意なので、ゆったりとしたラインの出ないファッションが似合う人はナチュラルタイプの人が多いです。

どれにも当てはまらない人や、2つのタイプに当てはまる人

骨格診断は全ての人を3つのタイプに分けて診断するので、「十人十色全ての人が、はっきりこのタイプです!」
となるのは難しく、ストレートタイプだけどナチュラルの要素もあるので、ナチュラルタイプの得意とするお洋服の要素を取り入れ、着こなす事が出来るタイプの方もいます。
骨格診断は、よりオシャレを楽しむためのもので「このタイプだからこのタイプの服しか着られない」と断言する物ではありませんので、難しく考え過ぎずに楽しく行ってください。

どのタイプか分からない人は、ウエストをマークし、どの位置が一番似合うかを試しましょう

ストレートタイプはウエストの位置(一番細い部分~その下)でのウエストマークが最もお似合いです。

上半身に厚みのあるストレートタイプはウエストマークの部分を上げすぎると胸の厚みが強調され、腰の広がりが目立ち着太りしてしまうので要注意です。
ウエストマークをするときに服をひっぱり生地にゆとりを持たせるのも着太りするので細めのベルトでブラウジングをしないのがポイントです。

ウェーブタイプはハイウエストの位置(一番細い部分~その上)でのウエストマークが最もお似合いです。

腰の位置が低い、ウェーブタイプはハイウエストの位置でウエストマークをすると、足が長く見えるのでスタイルアップになります。
ウエストより低い位置にアクセントをつけると胴が長く足が短く見えるのでNGです。

ナチュラルタイプはウエストマークが得意ではないので、ウエストマークをした時にしっくり来ない方は、ナチュラルタイプになります。

下に重心を持ってくるとバランスがいいので、トップスをインせずにボトムスは長めな丈がいいです。
骨格診断をしてよく分からなかった人は、ウエストマークの位置で自分がどのタイプかがイメージできましたか。
どのタイプを知るかによってより自分に似合う、自分をよく見せてくれる服を選ぶ事が出来ます。
「当てはまるタイプ以外の服が好きなのに…。」という方も安心してください。
タイプはあくまでも支柱になる物で、別のタイプに寄せることは可能です。
ポイントさえ押さえておけば、タイプ別でも上手に着こなせます。

 

タイプ別に押さえておきたいポイント

ストレートタイプ
  • 首周りをすっきりと
  • デコルテを見せる
  • 直線的なシルエットを作る
  • ジャストなサイズ感
  • Iラインを作る
  • 素材は高級感のあるもの
ウェーブタイプ
  • 手首、足首を見せる
  • トップスは短めの丈で
  • ウエストマークでバランス良く
  • 素材は柔らかい物で
  • Xラインを作る
  • 首周りに短めの華やかなアクセサリー
ナチュラルタイプ
  • ゆったりめのオーバサイズ
  • 体のラインを出しすぎない
  • 素材は麻など、ストレートやウェーブとは違う自然素材
  • アクセサリーは存在感のある大ぶりなもの
  • Yラインを作る

あなたをよりキレイに魅せてくれるスタイルを、骨格診断で探し、本来の魅力を最大限引き出してファッションを楽しみましょう。

骨格タイプ別に選ぶコート

骨格には3つのタイプがあり、ストレート・ウェーブ・ナチュラルそれぞれ体型は関係なく、骨格のつくりで似合う服が分かることを、説明しました。
今回は骨格タイプ別で似合うコートを見ていきたいと思います。
骨格別に合うコート比較

ストレートタイプに似合うコート

骨格ストレートに合うコート

ストレートタイプの骨格は体に厚みがあり、出るところは出るボディラインがハッキリとしているので、チェスターコートやしっかりとしたトレンチコートとの相性抜群です。
肩幅が体に合っていて、シルエットが綺麗で裾がストンとしたコートが、すっきりと洗練された印象になります。

骨格ストレートに合うコート

王道のトレンチコートが似合うストレートタイプには、beautiful people(ビューティフルピープル)のトレンチコートがおすすめです。
beautiful people(ビューティフルピープル)のコートにはハリや光沢があり、ストレートタイプにぴったりです。
ハリがないタイプのトレンチコートを着てしまうと、一気に野暮ったいイメージになるので要注意です。

トレンチコートに合わせるのは首元の開いたニットがおすすめ。
ざっくりとした編み目の鮮やかなピンクのニットにストレートパンツを合わせると、かっこいい印象の中にかわいらしさもプラスされます。
デニムやレギパンも相性がいいです。
シンプルなIラインが似合うストレートタイプに似合うコートです。
他にも生地にハリのあるダウンコートや、チェスターコートがお似合いです。
首周りにボリュームのあるデザインや、フードのあるはコート上半身の厚みが膨張されるのでないものを選んで。

ウェーブタイプ似合うコート

骨格ウェーブに合うコート
ウェーブタイプは体に厚みがあまりなく、緩やかなボディラインなので、かわいらしい洋服と相性が良いです。
下半身にボリュームがでるので、ショート丈のコートや、ノーカラーコートが似合います。

骨格ウェーブに合うコート

MACPHEE(マカフィー)のショートトレンチは、ウェーブタイプのためのアウターで、ゆったりとしたシルエットに、袖のボリューム感バックスタイルにも特徴があり、女性らしさがあふれています。
ウェーブタイプらしく、首元にフリルのついたリブニットを合わせて、甘くし、(首が長めで上半身が薄めに見えるので出来るだけ首元の開いた服は避けるようにしましょう)フィットしすぎない緩さがポイントです。
落ち着いた色味のグレーのロングスカートを、ウエストマークで合わせて大人の女性感も忘れずに。
他にもノーカラーコート(ボタンがビジューになっているもの)や、ファーがついているコート、ダッフルコートなら留め具が木ではなく金具のものを選ぶといいでしょう。
甘くなりすぎたくない方は、落ち着いた色味を選択して。

ナチュラルタイプ似合うコート

骨格ナチュラルに合うコート
フレームがしっかりしているナチュラルさんは、体のラインを出さずに着られるダッフルコートや、ムートンコートが似合います。
骨格ナチュラルに合うコート

こちらのムートンコートはノーカラーで、シンプルで使いやすく、中はフェイクファーになっていてふわふわのさわり心地です。
実はリバーシブルにもなるのでファーコートとムートンコート2wayで使える優れもの。
イメージの違う2種類のコートが、このコート一枚で手に入るなんて嬉しいですね!

トップスにはボートネックのニットをイン。
ボディラインが出ないような余裕のあるシルエットのニットは、肌見せを得意としないナチュラルタイプにおすすめ。
デコルテが隠れるトップスを着るとバランス良く着ることが出来ます。
カジュアルが似合うナチュラルタイプは、ラフにお洒落を楽しめるアイテムを選ぶといいでしょう。
骨格を意識してコートを選ぶと、なんだか垢抜けた印象になりますね!
他にもダッフルコートや、ダブルコートが似合います。
チェスターコートやトレンチコートを着る時は、膝より下の丈を選ぶとナチュラルタイプも着こなせます。
その場合、素材選びには気を付けて。
ハリのある素材よりも麻などの素材がお似合いです。

骨格別に選ぶニット

ストレートタイプに似合うニット

骨格ストレートに合うニット

ストレートタイプにおススメなニットはDignite collier(ディニテコリエ)のニットです。
Dignite collier(ディニテコリエ)のニットは高級感のある素材。
カシミヤ100%で作られており、シンプルなスタイルがお似合いのストレートタイプのスタイルをアップさせてくれます。
細かく編み込まれているハイゲージニットは定番のアイテムで仕事やプライベートどちらでも活躍してくれ、上半身の厚みをすっきりと魅せてくれます。

大きめなサイズを選ぶと着太りするので、サイズはぴったりサイズを選んでください。
オフタートルなど上半身にボリュームが出る物は避けてください。
骨格ストレートに合うニット
左のニットはレースデザインが入っており、デザイン的にはウェーブタイプ向けになっています。
左のライトブルーのニットがまさにストレートタイプのためのニットです。
体のラインにフィットし丈も長すぎず、裾に広がりがないシンプルなデザインになっています。
このデザインを着こなせるのはストレートタイプになります。

ウェーブタイプに似合うニット

骨格ウェーブに合うニット

ウェーブタイプにおすすめなニットはleurlogette(ルールロジェット)のニットです。
柔らかい雰囲気が得意のウェーブさんはふわふわ素材の(モヘア、シャギー、アンゴラニット)ニットがお似合いです。
基本的にどの襟の形をしていても似合うウェーブタイプですが、深めのVネックやUネックには気をつけましょう。

骨格ウェーブに合うニット詳細

上半身の厚みがないウェーブタイプは、貧相に見えるので首元にビジューがついたニットやフレアスリーブのニットを選びましょう。
首元にデザインのあるニットもオススメです。
丈が短めのコンパクトなニットを選ぶと更に相性抜群です。

骨格ウェーブに合うニット詳細

ウェーブタイプにぴったりなデザインのleur logette(ルールロジェット)のニットには上品な印象のレースやパールなど乙女心をくすぐるポイントが詰め込まれています。
女性らしい甘いデザインを得意とするウェーブタイプにおすすめです。
甘すぎるデザインが苦手の方は素材選びと丈の長さを気を付けて。
柔らかめのニット、丈は短めでボートネックやオフショルダーを選ぶと甘くないデザインも女性らしさを残して着こなせます。

ナチュラルタイプに似合うニット

骨格ナチュラルに合うニット

ナチュラルタイプにオススメのニットはSeeByChloe(シーバイクロエ)のニットです。
骨格がしっかりしているナチュラルさんはざっくりとした編み目のニットやデザイン性のあるニットがお似合いです。
骨格フレームを隠してくれるドロップショルダーもナチュラルタイプが着るとこなれ感がでます。
ウェーブさんと同様Vネックは骨の大きさが引き立つのでなるべく避けましょう。
Vネックにチャレンジしたいときは開きの少ないもので髪の毛を下ろしたり、首元にストールを巻くと苦手なVネックも着こなせます。
骨格ナチュラルに合うニット素材
生地の薄いニットより生地の厚めなニットを着ることで、ナチュラルタイプの体型を生かす事が出来ます。
ローゲージニットやデザイン性のあるニットを着こなせるのは、ナチュラルタイプだけなので自分に合ったニットを知ってコーディネートを楽しんでください。
ビジネスシーンでハイゲージニット着る場合はゆったりめのサイズ感にして、首元はボートネックやラウンドネックを選んで。

骨格タイプ別に選ぶスカート

ストレートタイプに似合うスカート

骨格ストレートに合うスカート

ストレートタイプにおすすめなスカートは、直線的なラインのタイトスカートです。
ウエストから腰にかけてメリハリのあるストレートタイプは、スカートもタイトのものがお似合いです。
柔らかな素材だと腰から広がりを持たせて、着太りしがちなので避けましょう。
タイトな膝丈が最も着やせします。

骨格ストレートに合うスカート素材

形でいえば広がりのないタイトなものがお似合いですが、素材をストレートタイプの得意なハリや光沢のある素材にするとフレアなスカートも着こなせます。
ウエスト部分に余計な装飾や広がりのないものを選びましょう。

ウェーブタイプに似合うスカート

骨格ウェーブに合うスカート

ウェーブタイプにおすすめなスカートはハイウエストで裾に広がりのあるデザインです。
フレアスカートやチュールスカートプリーツスカートでふわふわと柔らかい素材がお似合いです。
骨格ウェーブに合うスカート素材

ウエストにリボンのあるもの、ハイウエストを意識して履くのがポイントです。
タイトなスカートを履くときはレースやツイードを選んだり、膝の位置から広がるマーメイドスカートがおススメです。

ナチュラルタイプに似合うスカート

骨格ナチュラル似合うスカート
ナチュラルタイプにおすすめなスカートは、下に重心の来るスカートでロング丈。
ウェーブタイプの得意な広がりのあるシルエットではなく、ストンと落ちるシルエットがお似合いです。
凹凸や厚みが得意ナチュラルタイプはデザイン性のあるスカートやギャザースカート、重なりのでるラップスカートがおススメです。
タイトスカートは腰回りにデザインがあるものを。
レーススカートを履くなら厚みのあるレースを選ぶと上手に着こなせます。
骨格ナチュラルに合うスカート素材

骨格別に選ぶボトムス

ストレートタイプに似合うボトムス

骨格ストレートに合うパンツ

腰の位置が高めの特徴を持っているストレートタイプは、パンツスタイルが得意です。
デニムはもちろんワイドパンツ、テーパードパンツやハーフパンツもお似合いです。
ストレートタイプのボトムス選びのポイントは、

  • タックの入っていないものを選ぶ
  • ハリ感のある素材
  • センタープレスが入っている

この3つを意識すると迷うことなくお似合いのボトムスが探せます。
筋肉がつきやすいので腿(もも)の外側のハリが目立つ方が多く、腰からサイドに広がるデザインのものは足を太く見せてしまうので気を付けましょう。

ウェーブタイプに似合うボトムス

骨格ウェーブに合うパンツ
ウェーブタイプは下重心で下半身にボリュームがあるので胴長に見えてしまうパンツスタイルは苦手分野です。

骨格ウェーブに合うパンツ素材
つるつるとした薄い生地や柔らかめのもの、デニムならスキニーがお似合いです。
ポイントは柔らかい生地。
足首の見える丈。
ハイウエストで履く(短いトップスと合わせる)。
ウエストにギャザーのあるもの。ポイントを意識して履きこなして。

ナチュラルタイプに似合うボトムス

骨格ナチュラルに合うパンツ
ナチュラルタイプはゆったりとしたもの、オーバーサイズが得意なのでワイドパンツをおススメします。
地面に着くほどの丈でもだらしなく見えず、おしゃれに着こなせるのがナチュラルタイプです。
デニムならダメージの入ったものや加工されているもの、ストレートパンツも履きこなせます。
骨格ナチュラルに合うパンツ素材
コーデュロイはナチュラルタイプにぴったり。
ロング丈がお似合いですが、足首の見えるパンツを履くときはサイズ感をゆったりさせたり、麻や天然素材を選んで。

骨格診断まとめ

今まで直感的に選んでいた服。

モデルやマネキンが着ているとかわいいのに、試着するとしっくり来ないことが多かった人。
人には生まれつき備わった骨格があるんです。

太っているからとか痩せているからと判断するのではなく、骨格タイプによって自分のスタイルを知ることで、ファッションの選び方が変わり印象も変わります。
ストレートタイプでもウェーブタイプの得意な女性らしいアイテムが好きな人もいれば、ナチュラルな服が好きなのにウェーブタイプだった人もいます。

何年も定着していた好みをいきなりすべて変えるのは、気持ち的にも金銭的にも難しいですよね。
タイプには当てはまるけど洋服が好みじゃない人はデザインや素材、丈の長さのどれかをそれぞれ自身の骨格タイプに当てはめてみてください。
全てを骨格診断に委ねるのではなく洋服を選ぶ時の一つの目安にしてみてください。
骨格診断を知ることにより、挑戦したことのないアイテムも骨格タイプで似合うことが分かる。
自分に似合うアイテムを試したとき、ファッションがもっと楽しくなります。
自分の世界を広げるきっかけになる、「骨格診断で分かる3つのタイプ」のポイントを参考にしてファッションを楽しみましょう。