母の日のプレゼントに【Faliero Sarti(ファリエロサルティ)の極上ストール】感謝の気持ちと贈りたいギフト

Falierosartiアイキャッチ

毎年5月の第2日曜日にお祝いされる「母の日」

あなたは毎年、どんなものをプレゼントしていますか?
カーネーション!と答える人も多いと思いますが、毎年同じものを送り続けるのも少しもったいない気がしませんか?

実は「母の日」は、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈る人が多く、誕生日のお祝いよりも重視する傾向もあるようです。

母の日が「大切な日」として浸透している証ですね。

近くにいても、離れていても、いくつになってもお母さんの存在は変わらない。
大事なお母さんに、感謝と気持ちのこもったプレゼントを贈りたいですね。

毎年不動の人気フラワーギフト

母の日カーネーション

母の日といえばカーネーション。
あなたはどんなカーネーションを選びますか?

  • もらって嬉しい定番の花鉢
    パッと華やかな空間を作り出す花鉢は母の日ならではのギフトです。
    蕾を残した状態でのプレゼントも可能で、カーネーションをより長く楽しむことが出来ます。
    ガーデニングなどが、好きな人にオススメです。
  • 花束
    カーネーションの花束はバラのように豪華な印象があり、一本一本が連なるとインパクト大。
    感謝の気持ちがぎっしり詰まったギフトで思いがしっかりと伝わります。
  • プリザーブドフラワー・フラワーボックス
    遠くに離れたお母さんに贈るのにおすすめなのが、ブリザードフラワーのカーネーション。
    とにかく見た目が可愛らしく、コンパクトで置く場所にも困りません。
    また枯らしてしまう心配もないので、長く楽しむことが出来る点でも安心です。

実はカーネーションはカラーによって花言葉が異なります。
いい意味から悪い意味まで。
贈る側として気をつけたい花言葉をカラー別に要チェックです。

カーネーションの花言葉

  • まずは定番の赤
    小さい頃からカーネーションといえば赤色でしたが、その花言葉は【母の愛】。

    他にも愛を信じる等ありますが、まさしく母の日の為のお花です。
    純粋な気持ちを贈る時は迷わず赤を選んでください。

  • 可愛らしい印象のピンクの花言葉は【感謝】
    赤よりも優しく可愛らしい印象で喜ばれる事間違いなしです。
  • オレンジ【情熱の愛】
    一般的には恋人への想いで知られる花言葉ですが、元気でエネルギッシュなお母様にぴったりです。

その他は

  • 紫【誇り、気品】
  • 青【永遠の幸福】
  • 元気で明るいイメージの黄色は意外にも【軽蔑、嫉妬】

黄色はギフトには不向きな言葉を持っているため、トラブルの原因にならないよう気をつけてください。

「南北戦争中に、敵味方どちらも区別する事なく負傷兵を助ける活動を率先して行なったアン・ジャービスの死後、娘のアンが母を偲び白いカーネーションを贈った」ことが母の日の始まりです。

白には【亡き母を偲ぶ】の意味がありますので、飾ると綺麗ですが、気になる場合は避けて状況に応じて使い分けて下さいね。

いつものお花にプラスして贈る「もらって嬉しいギフト!」

「お母さんにはいつも元気でいて欲しい」「これからの季節どんどん日差しがきつくなり暑さとの戦い」になること…

そんな時、今すぐ使えるアイテムをプレゼントされると嬉しさも倍増です。

FalieroSarti(ファリエロサルティ)のストールで暑さ対策

日焼け防止に、電車や室内の冷房対策に、あると便利なストールは機能性ばっちりです。
また、華やかなデザインで遊び心をプラスしてみましょう。

FalieroSartiブランドバナー

Faliero sarti(ファリエロサルティ)とは?

1949年ファリエロ・サルティ氏がイタリアフィレンツェで創設し、現在のデザイナーモニカ・サルティは孫にあたります。

モニカのデザインはその都度経験する事柄を表現し、クールなものからユニークな物まで幅広く、世界的に有名なデザイナーやブランド、各国メーカーからの絶大な信頼は多くのコラボショー品を生み出しています。

研究を重ねて生み出された独自の糸を使用し完成した品は高級感溢れる生地になり、一度つけるとやみつきになります。

海外セレブにも長い間愛される等、人気の高いストールブランドです。

実用性とファッション性を兼ね備えた、長く使える「FalieroSarti」のストール。

初めて目にするお母さんも、娘さんからのプレゼントなら挑戦しやすいですね。

無地のストールもいいですが、普段のコーディネートートに合わせて柄物を選ぶのがポイントです。

シンプルコーデ × 柄ストール

無地の洋服に合わせたFalieroSartiストール

暑い季節は、白のトップスを身につけることがよくありますよね?

無地のお洋服が多い時はあえてデザイン性のある柄物を。
洋服ではチャレンジしにくい場合も、すぐに取り外せるストールならお手軽に挑戦出来ます。

シンプルなシャツやブラウスなら少し派手な柄を垂らすだけ。

巻いてしまえばインパクトのある柄も意外としっくりきちゃいます。

ダークカラーコーデ × パステルカラーストール

ダークカラーに合わせるFalieroSartiのストール

暗めの服が多い時には、明るいカラーを一点投入。

ダークカラーは洗練されたモードなイメージを与えてくれますが、さみしい印象になりがち。
顔周りをパッと明るくし、顔の印象を若々しく元気に魅せるカラーを合わせるのをオススメします。

気になる暑さや、紫外線のカバーはストールに任せて髪をまとめてスッキリとした印象に。
特に首回りのカバーはストールならお手の物です。

柄物コーデ × 柄ストール

肌に馴染むFalieroSartiストール

「パステルカラーを最近着ないわ…」「アースカラーが好き」「カーキや、ボーダーをよく選ぶ」そんな方には淡い色味で、肌馴染みの良い柄がオススメです。

気負いせずに取り入れられるカラーで新しい自分を見つけましょう。

柄物に柄を合わせるのは難易度が高いイメージですが、カラーを調整すれば違和感なくオシャレに着こなせます。

素材について

肌に触れるものは、素材の大切さと、使い分けが肝心

直接肌に触れるストールだからこそ、素材の特徴を知っておきましょう。

シルク
しっとりとした肌触りで、ふわりと軽い柔らかさを持つシルクは、水に強く吸収・吸水・保湿に優れており、その時期の特性に対応できます。
一年中使え、しかも万能です。
レーヨン
光沢があり、自然な高級感のあるレーヨンは、涼感があるので夏にぴったりです。
シルクによく似て触り心地のよさがあります。

水に弱い面があるので要注意。

綿
繊維の先が丸いのが特徴のコットンは、繊維と肌が触れたときに不快な感触がなく、肌が敏感な人に安心です。
吸水性があり、首周りに巻くとさらっとした着け心地で、洗濯が可能なのが嬉しい点。

熱い日差しへの対策に使うといいのがシルクを使ったストールです
肌触りもよく、清涼感のあるつけ心地でしっかりお肌を守ってくれます。

特に夏場の公共交通機関や、オフィス、ショップなどで強く効いている冷房は、温度差を感じてしまいます。
そんな時、急な温度変化で、体調を崩しやすくなるのを防止してくれます。

【巻き方講座】教えてあげたい!アレンジ次第で使えるシーンが広がる!

様々な対策に使える実用性の高いストールですが、やっぱり一番はファッションアイテムとしての活用です!

何通りもある巻き方で、雰囲気を変えられるのが、魅力ですね。
1枚で違った表情が見せられるので、シーズン毎に違った楽しみ方があります。

スタンダードな一巻きスタイル

シンプル巻きFalieroSartiストール

シンプルに首にかけて垂らすだけのスタイルはラフで涼しげな印象になります。

首に一巻きするスタンダードな巻き方は、ゆるく巻くことで首周りにゆとりを持たせると、こなれた印象に。
きつくしめすぎると一気に窮屈なイメージになるので抜け感を大切に。

縦巻きFalieroSartiストール

I(アイ)ラインの巻き方

縦に長く伸ばした巻き方はIラインを意識して。

体の中心に縦のラインがあると、そこに視線が集まります。
背の低い方もスラッとスタイルがアップするのでオススメです。
首にかけた後片方を固結びにし、もう片方を結び目に通すだけの簡単スタイルです。

肩掛けFalieroSartiストール

肩にかけると、暑さや冷房対策に

夏場の外気はとても暑く、屋内に入ると冷房が効いているため、体調の管理が必要です。
「なんとかしたいけど、上着を持って歩くのは気が進まない」などの場合、ストールがあると助かりますね!
三角になるよう半分にし、肩からふわっとかけてしっかりとガードをして下さい。
前で結び目を作っておくと電車に乗るとき等ずれる心配がありません。

ボレロ風FalieroSartiストール

荷物が多い時は、先程前で結んだ両端を後ろで結びましょう。

前に結び目を持ってくるより邪魔にならず、動きやすくなりお買い物の際とても楽になります。

ボレロのような形になるのでファッションとしても楽しめるアレンジの完成です。

ベルトを使うスタイル

ベルト使いFalieroSartiストール

小物をプラスしたアレンジでは、首からかけたストールをベルトで止めてしまう斬新なスタイル。
こちらもIラインが強調されて綺麗なスタイルに魅せてくれます。

シンプルなTシャツに合わせると、一気に華やかなコーディネートに。
カーディガンとの合わせもバランス良く決まります。

夏にぴったりな洋服風アレンジ

トップス風FalieroSartiストール

首にかけて前で一度結び余った部分を背面に持って行き蝶々結び。
フロントのクロスのボリュームで、人と差をつけたスタイルの完成です。

バッグスタイルにふわりとしたリボンが涼しげな印象を演出。
好みの柄で出来るアレンジでコーディネートを楽しんで。

日頃の感謝の気持ちと共にお母さんの喜ぶ顔が見たい。

いつまでも大好きなお母さんへ、生地とデザインにこだわりの詰まったFalieroSarti(ファリエロサルティ)のストールを贈ってみてはいかがですか?