Beautiful People(ビューティフルピープル)のライダースが大人気

ビューティフルピープルライダース

一生に一度は着てみたい!ライダースジャケット

羽織るだけで引き締まり、おしゃれ感の増すライダースですが、ロックのバンドマンやバイカーをイメージしてしまい、ハードな印象が強いと感じていませんか?

バイカー

ライダースのルーツ

アメリカ先住民族の革文化がライダースのルーツと言われており、「神から与えられた自然の恵みを無駄なく最大限に生かすことから生まれた文化」とされているようですが、1900年代初めの頃、ボタン留めのレザーコートが飛行機乗りに普及するとともに、レザージャケットがバイク乗りにも広まり始め、1930年代には現在に通じるライダースジャケットが登場したと言われています。

ライダースの歴史をみてみると、確かに男性が着る為に生まれた服のようですが最近は、逆に女性の方が着こなしの幅が広いアイテムとなっています。
お洒落な女性は必ずといっていい程愛用していますよね。
トレンドを取り入れたデザイン、挑戦しやすいリーズナブルな価格、軽く扱いやすい合皮など、見た目には変わりないようにみえるライダースが、さまざまなブランドで展開されています。

値段の違いは何か?本革と合皮の違い

本革と合皮では合皮のほうがリーズナブルなのは理解できますね。
本革の中でもピンキリと言えるほどに価格の差があります。
牛革と羊革など種類により差はでてきますが、1番は素材の良さに違いがあります。
羊革と牛革
本革とは、天然のレザーを使用している為、部分によってきれいなところと傷が入ってしまっている所など個体差があります。
つまり、傷の少ない上質なレザーを選んだ場合、価格も上がります。
インポートブランドで販売しているライダースは、優先的に上質な部分だけを使用することが許可されているため、そのブランドならではの品質の良さがあります。
そのために、高級品というイメージがあります。
単にネームバリューだけで高い訳では無いのです。
皮革の状態で、風合いが違うというのは本革ならではです。

長年着込むことにより、革の変化を楽しむことが出来る、ライダースは一生ものです。

20代を始め、30代~50代の方にも是非トライしていただきたいアイテムです。

Beautiful People(ビューティフルピープル)

デザインの種類は、シングルジップやダブルジップなどたくさん種類があり迷います。
今回はハードな印象のライダースジャケットを女性らしく着こなすことが出来る、Beautiful People(ビューティフルピープル)をピックアップします。

ビューティフルピープル

Brand Concept

beautiful peopleは、自分の目で世界を見ています。
色や形を語る前に、ほんの小さな縫い目の違いを見る。
性別で大区切りにされたサイズではなく、1センチずつの違いを見る。
街を歩くことは、ショーのステージを歩くことだと考える。
流行るものでなく、ずっと残るものを選ぶ。
世界を好きに変えることはできないけれど、
世界を見る視線は自分で選べるはずだから。

(公式サイト参照)

「大人のための子供服」をコンセプトにかかげ、ライダースジャケットの男性的なイメージを覆す、女性らしい丸みのある印象を取り入れ、高い支持を得ています。
またデザイン面でも流行りすたりのない定番商品なので、おしゃれ感を保ったまま自分の身体に馴染み、永く着続けていただけるアイテムになること間違いなしです。

自分サイズで楽しむ!キッズサイズの展開とは?

beautiful people(ビューティフルピープル) のライダースはキッズライダースならではの120cm~150cmという表記で展開されています。
身長に合わせて選択するのではなく、

着丈をコンパクトにジャストサイズで着たい方、七分袖の長さで着たい方等、好みのシルエットにあわせて

お選びいただけるようになっています。

身長150cmの場合、サイズ120を着用すると袖は7分丈で着丈もコンパクトになります。
サイズ150を着用すると袖はジャストサイズでベーシックなシルエットで着用することができます。
身長に関係なく、好みのサイズ感を見つけることができます。
レザーは、着ていくうちに伸びて馴染んでくるので、少しきつめだなと感じるくらいのものを選ぶとフィットしてきれいです。
スタイルよく見え、バランスがとりやすくお洋服にあわせやすいので、コンパクトなサイズを選んでください。

デザインの特徴とディティール

袖のデザインですが、「ピボットスリーブ」と呼ばれる猟銃用のジャケットとして開発された袖のデザインを採用しています。
スポーツウェアや作業着によく用いられているデザインです。

ビューティフルピープルのライダース

(着用素材:ディアレザー)

袖があがった状態で型紙を設計しているため、コンパクトなサイズですが腕を動きやすくするよう考えてデザインされています。
また、beautifulpeople(ビューティフルピープル)のライダースジャケットは袖の後ろにプリーツがあり、ゴムも入っているためライダース特有の窮屈さをあまり感じることなく着用できるのが特徴です。

レザーのジャケットでこんなにも動きやすいのかと驚くほどです。

お洒落で機能的なのは嬉しいですね。

定番の素材は、「シュリンクレザー(羊革)」「ヴィンテージレザー(羊革)」「カウレザー(牛革)」の3タイプ。

おススメの新素材「ヴィンテージレザー」についてご紹介します

染色時に特殊なオイルを添加し、ハリ感がありつつも、オイルタッチなつやつやとした革に仕上げています。
加工をかけた後、再度ハンドアイロンで伸ばすことにより、美しい地艶のある表情を与え何年も着たような色味の加工ではなく、シボも目立たないため上品さの中にもカジュアル感のある仕上がりになっています。
一般的に羊革は軽く柔らかい印象ですが、ビューティフルピープルのライダースの羊革は牛革のようにしかっりしており、適度なしなやかさを感じる製品です。

こだわりの金具

金具部分も、

ホワイトゴールドでメッキ加工

を施しているものを使用し、女性らしい印象を残しています。
beautifulpeople(ビューティフルピープル)の定番となっており、飽きのこないデザインも特徴です。
ファスナーやバックルも独自の型を使用しており、特にバックルは試行錯誤を重ね、程よい重みに調整してつくられています。
ファスナーにもブランド名が刻印され、こだわりを強く感じ女性も取り入れやすいよう考えられてつくられているライダースです。

お取り扱いについて

高価な物だからという訳ではなく、愛着が湧くアイテムですので、丁寧にケアし少しでも長く着たいですよね!
ライダースに限らず、レザー製品の取り扱いで覚えておくと役立つこと、注意すべきことを確認しておきましょう。

色落ち
新しいうちは色落ちしてしまう恐れがありますので、白や淡い色の洋服との兼用には気を付けるようにしてください。
ショルダーバッグとこすれてバッグに色がうつってしまうことがあります。
あまり神経質になる必要はありませんが、少し頭にいれておくと良いかもしれません。
急な雨
レザーが濡れてしまうのが不安な方は多いでしょう。
革が濡れてしまった場合、乾いた布で優しく拭き、風通しの良い日陰で乾かしてください。
乾いた後、硬くなってしまった部分を軽く手で揉みほぐしていただくと良いです。
強くこすったり、ゴシゴシ拭いてしまうと傷む原因になるのでやめましょう。
保管方法
温度や湿度が低く、風通しの良い場所を選んでください。
湿度が高い場所に長時間放置すると、カビがはえてしまうことがあります。
クローゼットにしまい込んでしまう、クリーニングのビニールをかけたままの保管はNGです!
他の服との重ね置きもやめてください。
着用時に比べ油脂分が不足する為、時々オイルでメンテナンスを行うと尚良いです。
汚れ・匂い
匂いがついてしまった場合、消臭スプレーなどは革に絶対にかけないようにしてください。
裏地にはかけても大丈夫ですが、カビの原因になるので十分気を付けてください。
水洗いを自分でしてしまうと、革の色が落ちたり硬くなったりする場合がありますので皮革専門のクリーニングに出すことをおすすめします。

レザーの良いところは、着込むほど柔らかくなり、体にフィットしたりツヤがでてきたり、革を育てていくのも楽しみのひとつです。
ワンシーズンで着れなくなるお洋服ではないので、正しい扱い方を知り、間違った対処をしないようにしましょう。

ライダースの着こなしコーデ

ハードな印象になるのがイヤだという方には、

女性らしい甘めなアイテムや素材を使用したものと、レザーのライダースをあわせることで(甘辛ミックス)、

女性にしか出せないライダースの雰囲気を演出してくれます。

白のライダースで甘辛ミックス

フェミニンなお洋服とも相性◎です。
素材に女性らしさがつまっていますね。足元もヒールをあわせると素敵です。
また、ワンピースでなくデニムにヒールを合わせるとかっこいい印象に!
ボトムを変えるだけでもコーデの幅が広がります。

ビューティフルピープルのライダース

白いライダースはより柔らかい印象になりやすいのでおすすめです。
秋から春先にも取り入れやすいお色ですね。
着用しているのは特殊な染め方できれいなお色を出している(2017年発売)、オール メイドインジャパン「ディアレザー(鹿革)」です。

「汚れが気になる!」と躊躇してしまいそうですが、防水スプレーをふっておくと汚れがつきにくくなります。

ただし、近づけて吹いたり、1か所にだけ何秒もふいてしまうとシミになる原因になりますので十分注意して行いましょう。

あわせやすいブラックは初めての購入にオススメ

ブラックは何にでもあわせやすいので、1着目の購入を考えた時にオススメします。
こちらの写真も、トップスに柔らかい素材をチョイスして、ブラウスとスカートであわせています。
お洋服は黒で揃えましたが、ストールやバッグなど、小物に色を持ってくると、とても色が映えお洒落です。
ライダースがシンプルなので、柄物のブラウスと相性がとても良いです。

ライダースジャケット 

モデル身長164㎝で140サイズを着用しています。
アームホールはピッタリのサイズで、自然に手首が出る丈感です。
ブレスレットやリングが映えますし、簡単にとてもお洒落な着こなしができます。
女性は3首(首、手首、足首)出すとバランスが良く、お洒落に見えると言われています。
スタイルよく見えて良いことだらけですので是非、意識してコーディネートを考えてみてください。

ライダースコーデ

こちらはモデル身長164㎝で150サイズを着用しています。
身幅に少し余裕がでています。
大きすぎる印象もなく、ゆったりしたラインがお好きな方はこのサイズ感でも良いですね。
前を締めて着たい場合はこのモデルさんには150サイズが良いです。
自分の好きな着こなしをイメージしてサイズを選びましょう。
合わせるバッグや靴を変えるだけで春先にも使えるコーディネートになります。

このサイズ感だからこそ楽しめるコーディネート

ライダースの袖口からのぞくトップスの色や素材で、印象を変えたコーディネートが可能です。
秋口は薄手のニットでパキッとしたお色と合わせてみたり、ジャケットを着ていながらインナーの袖口のデザインが協調されて素敵です。
春先にはレースのトップスと合わせて着たいですね。
より女性らしい印象になり、デニムとあわせても手を抜いていないコーデの完成です。
ライダース

黒×ピンクがとにかく可愛い!

ライダース

ひとつひとつのアイテムは単色でシンプルなものをあわせています。
パンツを黒にすると、かっこよくなりますがハードな印象に寄ってしまうので、明るい色のパンツがおすすめです。
どうしても明るい色のパンツに抵抗がある場合は、黒のパンツでも足元は肌を隠さないようにしてください。
クロップド丈のパンツで足首を出してあわせていますが、ワイドパンツをあわせるのもおすすめです。
腕抜きスタイルもさまになりますね。

ビューティフルピープルのライダース

薄手のニットでしたら、腕を通してもキツくならず着ていただけます。
春先はスカーフやストール等首元で遊ぶのもありです。

 

スカーフを使ったコーデ

マフラー

一見温かそうなライダースですが、毛に比べるとやはり防寒の面は劣ります。
お洒落は忍耐とも言いますが、女性に冷えは大敵です!
真冬には少し寒いので賢くお洒落しましょう。
コンパクトなサイズ感が特徴なので、オーバーサイズのコートを上に羽織ることも可能です。
大判のストールをぐるぐる巻きにしてあわせても可愛いですね。

春も秋も使えるので出番はとても多いアウターです。
何とあわせても決まるので困ったときの羽織として1着は持っておきたいアイテムです。
beautiful people(ビューティフルピープル)のライダースのブラックは定番として毎年人気のお色ですが、毎シーズン限定色も登場します。

ライダース

他ではなかなか見ない絶妙なお色のものもありますので、こんな色が欲しかった!
というものに出会えるかもしれません。
次の年には手に入らないので希少性もありますね。

人気のサイズは毎年完売しますので、お早めに要チェックです。