今期も大注目!【 Bilitis(ビリティス)のカゴバッグ 】

ビリティスのかごバッグ

2018年の春夏のトレンドのテーマにあげられる
「ナチュラル」

ナチュラルの代表で雰囲気を出すのにぴったりのアイテム、カゴバッグ。
いつものコーディネートに、涼し気な素材感をプラスして

シーズン早々ですが、楽しみたいですね♪

カゴバックの普段使い

中でも毎年注目されているカゴバッグといえば、ビリティスです。

デイリーに使いやすいサイズ展開と、シンプルながらも機能的な女性らしいデザインが人気です。

すでにご存じの方も多いのではないでしょうか?

「ビリティス・ディセッタン」とは?

デザイナー : 星 丈二、瀬下 裕子

ブランド名 Bilitis dix-sept ans
は「ビリティス」という17歳の女性がイメージ。

特に年齢にこだわっているわけではなく、例えば17歳頃の何にでも感動できる素直な感受性をずっと持ち続けている。

素敵な大人の女性に身に着けてほしいという想いをこめて、デザインされているブランド。

Bilitis(ビリティス)公式サイト

全て手作業で編まれている

ペーパーヤーン

他にはない軽やかさと柔らかい質感が特徴で、「ペーパーヤーン」という素材が使われています。

とても軽い反面、繊細な素材でもあるため沢山物を詰め込んでしまうと、早く傷む恐れがあるので重いものは入れずに優しく扱いましょう。

カゴバッグのラインナップ

ビリティスのカゴバッグ

2WAYタイプのナチュラルバッグ

まずパッと目を惹く長めのリボンが、女性らしさをしっかりアピールしてくれます。

「バッグの口がしっかり閉まるかどうか…」

こんな心配も無用です。
中身が見えない巾着タイプで、防犯面も安心です。

底にもしっかりマチがあるので、見た目以上に容量があり、手持ちと肩かけ2WAYタイプなので使用シーンも広がります。

大きさが気になる方は、こちらのサイズがおススメ!

平置きコーデ

マチがしっかりあるので中身が見やすく取り出しやすい。
小柄な方でもバランスの取りやすいサイズ感のカゴバッグです。

ホワイトコーデにあわせて、黒いリボンがアクセントになりコーディネートを引き締めてくれます。

カゴバッグ小

2018年新登場した、小さめのバッグ

ビリティスのカゴバッグ

マチがないタイプ
こちらはマチがなく、ちょっとしたお出かけやパーティースタイルにも合う上品さのあるデザインです。

1点1点かぎ針編みでつくられている為、個体差があり、他では味わえない手編みならではの、ぬくもりと風合いを楽しんでいただけます。

ビリティス筒型バッグ

筒型のカゴバッグ
こちらはコロンとしたフォルムが可愛い筒型です。
象徴的な長いリボンをアクセントに、小さく見えますが意外と荷物が入ります。

使うときに気になるポイントのひとつ、「長財布が入るの?」

防犯面でも安心!
巾着の口を絞るとしっかり長財布も収まります。

筒型カゴバッグ

いつから、どんなコーディネートに合うの?

カゴバッグ

ロングシーズン使いたい

「いつから使い始めたら良いんだろう?」

リゾートや夏のイメージがあるカゴバッグですが、7月、8月の真夏の短い期間だけでなく、まさに今!の3月4月からどんどん使っていきましょう。

決まりは全くありませんが、店頭に並び始めたら「使っても良い時期が来た!」と思うとわかりやすいでしょうか。

先取りすることによるお洒落感も増しますね!

スプリングコートにあわせて

トレンチコート

気温も上がり、過ごしやすい日も多くなってきましたが、まだまだスプリングコートなどの羽織物がかかせない季節です。

トレンチコートにあわせて「ベージュ×ベージュ」のコーディネートも今年っぽくて素敵です。

ビリティスカゴバッグ

日差しの温かい日はコートを脱いで、ブラウスとの相性も抜群ですね。

ベージュカゴバッグ

風になびくリボンがなんとも言えない可愛さ。

多くの女子が心をつかまれるデザインポイントのひとつで、人気がある理由も納得です。

「ジャケットにあわせて」

ボーダーズアットバルコニーのジャケット

新登場したマチなしバッグもデイリーに使えます。
きれいめなスタイルにデニムジャケットを羽織って普段のお出かけにも。

シルバーカゴバッグ

ジャケットを変えれば、2次会等のお呼ばれスタイルにも合わせてもOK。
長財布は入りませんので、折財布を使われている方や、小さめのお財布に入れ替えて使用することをおすすめします。

ボーダーズアットバルコニーのスカート

シルバーのお色が、コーディネートを大人で華やかな印象にしてくれます。
どんな色の服にもあわせやすいので、1つあればとても使い回しができるので、とても便利です。

自分色にアレンジ

マニプリスカーフアレンジ

シンプルなバッグだからこそ、自分流にアレンジを加えて印象を変えたコーディネートを楽しんでいただけます。

チャームをつけたり、スカーフを巻いたり「色」をプラスしてみるのも面白いですよ。

シーバークロエチャーム

気を付けたい!バッグの保管方法

お気に入りのバッグはできるだけ長く使いたいですね。

特に季節感のあるかごバッグは、来シーズンも使えるように保管方法にも気を使ってください。

経験がある方もいらっしゃると思いますが、「クローゼットから出すとカビがはえている〜!」
「日焼けして色があせていた!」

お出かけに使用しようと思ったその矢先、トラブルが見つかると、テンションも下がってしまいます。

実はトラブルの30%が、「使わないとき」に発生していると言われています。


すべてのバッグに言えますが、保管の際に気を付けることは、「通気性」「日当たり」「型崩れ」です。

直接、日が当たる場所や、温度が高くなる場所には放置しないようにしましょう。

ほこりを防いで保管するために袋に入れて保管したいですが、風通しをよくするためにも不織布のような薄い袋が適しています。

バッグを購入すると巾着が付属していることがありますが、入れたままにしておくと湿気がカビの原因になってしまいます。

あまり使用頻度の多くないバッグこそ、たまに袋からだして風通しの良い場所に置いておくのが長持ちさせるコツです。

あわせてバッグの中には、型崩れ防止の為通気性の良い、新聞紙をつめておくことをおすすめします。

不織布の中に新聞紙を入れたものを詰めると出し入れもしやすいですよ。

しまい込んでしまうと、湿気が大敵になるので除湿剤も上手に活用しましょう。

カゴバッグ

ご紹介した型のビリティスのカゴバッグは、流行りすたりのないデザインなので、また来年も愛用できます。

お気に入りに出会えますように。